おすすめプラン

日月潭の周りにいろいろな面白い遊び方がありますから、ぜひ楽しんでくださいね!

  • 自転車スポーツ

    推奨場所:向山自転車道

    向山自転車道の片道は約3.4キロで、日月潭水社から始まり、終点は向山観光客センターで、約0.4キロのところ(北旦湾)にあります。自転車道は水面に架けられ、水を跨るような感じで、また美しい湖や山の景色に合わせると、潭と一緒に写真を撮る絶好の場所となります。向山自転车道は水社壩、永结同心橋、ウェディングドレスプラザを経て向山観光客センターにつきます。このルートで一回で「日月潭新八景」の中の4つの観光スポットを体験することができて、写真撮りを満喫できます。

  • 紅茶体験活動

    推奨場所:日月老茶工場、キャットマウンテントレイル

    日月潭は台湾アッサム紅茶の主な産地で、日本時代にインドアッサム省から茶を輸入し、南投県の魚池郷で植えるのを試してみたら、効果がよくて、多く植えられるようになり、日月潭で最も有名な特殊茶になりました。今でも魚池は台湾の紅茶の主な産地であり、そこの紅茶の色は鮮やかで、味はまろやかで、特に台茶18号は国内外の人々を驚かせるものです。

  • アボリジニの文化

    推奨場所:伊達邵、九族文化村

    日月潭は台湾最大の高山湖で、近くに台湾で一番長い渓流-濁水渓があります。独特な地理環境で邵族、布農族があり、邵族は湖畔の杵音で有名で、布農族は八部合音で国内外で人気があります。二つの民族は日月潭で色とりどりな文化特色を織り出しました。台湾にもっと多くの先住民族があり、生活環境も違っています。そのため、それぞれの特色のある文化が発展してきて、具体的なものは九族文化村に行ってみてください。

  • 人文生態ローミング

    推奨場所:桃米坑(紙教会)

    桃米生態村は南投県の埔里鎮に位置して、多くの渓流がその中を貫いて、田畑、河谷、湿地と生態池など多様な地形景観を備えて、カエル、トンボ、チョウ、ホタルなどの生物の天国です。現在コミュニティ発展協会及び住民は自然保育、農村文化体験及び生態観光を推進することに力を尽くしています。専門解説員の案内のもとで、桃米を永遠に幸せな小山村にさせるように、大自然に近づいて、それを認識し、鑑賞し、大切にしましょう。

  • 宗教的な祝福

    推奨場所:文武廟、龍鳳宮

    日月潭を回るルートには、イエス堂、龍鳳宮、文武廟、玄奘寺、玄光寺など多くの宗教文化スポットがあります。今の独身男女に惹かれるのは、よい縁談ができるようにと祈れる月下氷人を祭っている龍鳳宮です。文武廟は中国北朝式の建築で、規模が雄大で、気勢がみなぎっています。山を背負って湖に面して、展望台に登ると、日月潭を眺めることができます。そこで金銭、勉強、縁談などいろいろまとめられ、心がまことであれば何でも叶えるそうです。

  • 水レクリエーション活動

    推奨場所:水社、伊達邵

    日月潭は台湾の最も美しい淡水湖の一つで、特殊な雲霧山水の美しい景色があります。同じ場所でも、季節や時間によって、山水湖の風景は千変万化で、感動させられます。今は日月潭に行って、もう遊覧船に乗って湖の景色を見ることとか、湖を回り、自転車に乗るオプションだけでなく、SUP立式パドル、カヌー、電動船運転などの水上の新しい遊びを体験できて、更に多くの水に親しむ機会があります。そしてレジャー運動と同時に水面から日月潭の独特な風景を楽しめます。

TOP